家電修理の現場のエピソードなど紹介します。

2017年06月15日

家電修理と怪我

家電修理をしている現場ではちょっとした油断でケガをすることがある。
なので救急ばんそうこうは常に身に携帯していた。

お客様の自宅内で仕事をすることが多い出張サービスマンなら
常識だろう。

しかし、ビニールテープで代用する時もあった。

医学的知識などは全くないがとにかく早く血を止めなければならない。
特にお客様の室内を血で汚すのは絶対に避けなければならない。

医学的根拠が全くないのでオススメは出来ないが
現場での出来事ということでいくつか紹介しましょうか。

カッターナイフなどの鋭い刃物で切った浅い傷。

先輩の中には瞬間接着剤で傷口を接着していた。

血が止ってから傷口を片手でピタリと合わせる
合せ目に薄く瞬間接着剤を塗るが瞬間接着剤が傷口内部に
入らないように気を付ける。

私も何度か真似したことがあるが傷口がひっついた途端に痛みが消えたのを
覚えている。

その後、何年かして傷口専用の接着剤が市販されていたのを思い出す。
(それは使ったことがないが)

医学的知識はないが傷口を縫い合わせるのと同じことではないかと思った。


最近では薄型テレビになってしまい修理に半田ごては使わなくなった。
半田付けができないというテレビ修理マンも知っている。

昔はテレビ修理には半田ごてはもっとも重要な工具のひとつだった。

エアコン修理にはガス溶接機がもっとも重要な工具であった。

なので半田ごてや溶接機などでよく火傷をしたものだ。

火傷にはとにかく冷やし続けるのがいい。

痛みが無くなるまで半日でも一日でも冷やし続けるのがいい。
火傷の程度にもよるが軽傷なら跡形も残らず治る。

重症はもちろん医者に治療してもらうに限る。

出張サービスマンなら次のお客様と時間約束をしているので
よっぽどの重傷でない限りは医者に駆け込めない。

火傷を冷やすのにはビニル袋に氷や水を入れて
患部に当て続けた。

小さなビニル袋にお客様にもらった氷を入れて
冷やしたこともあった。

患部に氷を当てると痛みが止り離すと痛みがぶり返した。

なので氷を当てたり離したりしながら仕事を続けたものだ。















タグ:家電現場
posted by 瀬戸流平 at 15:34| Comment(0) | 家電修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

まただった。


高齢で一人暮らしの母からテレビが映らないとの
連絡があった。

アンテナを点検してくださいという
表示がでるという。

アンテナと言ってもケーブルテレビなので
アンテナ線の接触不良かなと思いつつ
何も道具を持たずに行ってみた。

すると、CSの表示が出ている。
CSの契約なんかしてないので
映るわけがない。

リモコンで地デジのボタンを押して即解決。

リモコンでテレビをオンして
2〜3秒で問題解決。

これは過去にも2〜3回同じような
ことで呼ばれたなと思いだした。

ナンセンスコールの超代表的な症例である。

CS契約してないところにCSボタンがあり
誤ってCSボタンを押したらアンテナ点検ではなく
CS契約されていませんとでも表示が出ればいいのにね。

今のテレビはどうなっているのか
昨年末に買ったテレビを確認してみることにしよう。

































タグ:家電故障
posted by 瀬戸流平 at 17:19| Comment(0) | 家電故障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

ファックスの修理はメガネ拭き

ファックスの修理はメガネ拭き


実家のファックスの修理をしてきました。

修理に使った道具はメガネ拭きのみ。

事の発端は高齢の母がファックスのコピー機能を使い運転免許所のコピーをしようとしたことです。
家庭用のファックスは原稿をファックス内部に巻き込んで
固定されたスキャナーと呼ばれる読み込み部分を通過させてコピーをします。

なので厚みのある運転免許所は機械内部を通過しません。
内部で引っかかってローラー部を痛めてしまったのです。

幸いローラー部品が破損した形跡はなかったので
元の位地と思われる箇所に取り付けし直しました。

しかし、テストコピーを試したところ
原稿用紙を斜めに引き込んでしまいます。
原稿用紙がグシャグシャになってしまいます。

そこで引き込み部分のローラーを
手近にあったテッシュでふき取り清掃しましたが
ちょっぴりだけしか改善しませんでした。

今度は、タオルで拭いてみましたがたいして改善されません。

ほんとは、四塩化炭素液とか無水アルコールなどで清掃したい
ところですが現役を離れてかなり経ちますので持っていません。

そこでひらめいたのが化学繊維でできたメガネ拭きです。

そのメガネ拭きで二ヵ所のゴムローラーは丁寧に拭き取りました。

すると見事に治りました。

原稿用紙を真っ直ぐに引き込んでくれました。

ところが・・・

今度は、コピーされた用紙に無数の黒い汚れが印刷されていました。

そこで、また、メガネ拭きの登場です。

メガネ拭きでスキャナーのガラス面を拭き取りました。

そしてテストしたところバッチリ治りました。

コピーも通常どおりにできて一件落着しました。

ちなみにそのメガネ拭き
は100円ショップで買ったような安物ではありません。

何かの景品でもらったものだとだと思います。
紙のような材質です。







posted by 瀬戸流平 at 18:55| Comment(0) | 電気製品修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

〇○に気配りするだけで故障率は下がる


〇○に気配りするだけで故障率は下がる





家電製品の修理受付現場では
持ち込まれる修理品はさまざまである。

しかし、目立つのは
クリーナー
炊飯器

が多い。

なのでお店によっては修理預かり
期間用に買い出し品を用意している。

その他、季節により扇風機や
石油ファンヒーターなどが増える。

石油ストーブや電池用品などは電源コードはないが
家電製品のほとんどはなにがしらのコードがある。

そのコードが内部断線している故障もかなり多い。

日ごろから家電製品のコードに
気配りしてやるだけでかなり
故障率は下げられると思う。


コードを急角度で曲げないことだ。
そして急角度で曲がってないか気配りしてやることだ。

コードの真ん中付近で急角度で曲がることはまずない。

コンセント側か本体側の付け根が弱点なのだ。

イヤポンなどの細い線は特に気をつけて
取り扱おう。

イヤホンなどの細い線の場合
内部断線した場合は修理不能である。

また、100v電源コードの場合は最悪
発火事故にもつながるおそれがあるので
十分確認しておいた方がいい。









タグ:家電故障
posted by 瀬戸流平 at 10:18| Comment(0) | 家電故障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

扇風機の片付け


10月半ば 夏の間お世話になった扇風機を片づけました。

我が家は2人暮らしですが扇風機は5台あります。
家内が超暑がりなので自分の居場所にそれぞれ
設置して3台ほど使っています。

一台が私でもう一台が子供部屋です。
子供は独立して家をでているので
お盆休みに帰ったときくらいしか使いません。

お盆休みに帰ったときというのは
真夏なのでエアコンを主に使うので
扇風機は実質使いません。

なのでその子供部屋の扇風機は
清掃せずにそのままカバーをかけて
片付けました。

10月半ばでも超暑がりの家内は
扇風機の片付けは却下です。

ということで家内用を1台残して
今回は3台洗浄しました。

住宅用洗剤を薄めた液で
ブラシを使い洗いました。

そしてから拭きして乾燥します。

そのまま数日間放置して完全に乾いてから
プラスチック用のワックスをかけて
組み立てます。

そして古着をほこり避けのカバーにして
納戸へ収納して終わりです。

ワックスをかけておいた方が
ホコリが付きにくいかなと思っています。

片付けるときにワックスがけしていますが
使う直前にかけた方がいいのかも知れません。

ワックスは車用のを使っています。





senpukisenjyo.jpg
























タグ:家電片付け
posted by 瀬戸流平 at 18:16| Comment(0) | 家電製品手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

エアコンガス回収


ホントに悔しいことに5年と20日でエアコンが壊れました。

5年保証が切れて1カ月も経っていません。

そして故障内容がガス漏れです。

保証が切れてからガスが漏れ出したのではないと
思われますがそれを証明するのが大変です。

エアコン工事のピークの7月に取り付けするのではなく
ピークの前の6月に取り付けたのがアダとなりました。

今年も7月に入ってから使用し始めて
初めて冷えないことに気付いたのです。


まずはメーカーに修理依頼したけど
4日後の訪問でした。

さらに忙しいのでゆっくりガス漏れ個所を調べられないので
落ち着いた9月にしてくれという始末である。

なんと驚いたことにメーカーのサービスマンは
錆びたネジを外す技術を持ってなかった。


保証が切れて1か月も経ってないので
販売店やメーカーに粘り強く交渉すれば
なんとか無償修理に持って行くことはできるとは思うが・・・

今年の強烈な猛暑の中粘り強く交渉する
余裕はなかった。

そこで、買い替えを決断した。

エアコン取り外しは友人と二人で
20分弱でやった。


室外機のガス回収風景です。






液側配管のパックドバルブの六角レンチを絞めこみます。
そしてガスが室外機に回収されたころ(数十秒後)
ガス側配管の六角レンチを絞めこんで即運転停止します。


私の場合は運転停止の状態で
まず液側配管のパックドバルブの六角レンチを
完全んに絞めこみます。

次にガス側配管の六角レンチを全部絞めこみますが
絞めこんだ状態から3〜4回転開きます。

その準備ができてから冷房運転をスタートさせます。

ガスが回収できたらすぐに絞めこんで運転を止めるためです。


ほんとはゲージマニホールドをつないで
ゲージ圧がマイナスになった瞬間に
ガス側配管の六角レンチを全部絞めこんで運転停止します。

ゲージがないので勘でやってます。

ただし、このガス回収方はコンプレッサーが
廻るという状態でないとできません。





posted by 瀬戸流平 at 12:19| Comment(0) | 家電故障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

梅雨明けエアコンピークに


梅雨明けした。

梅雨明けするとエアコンの故障も買い替えもピークになる。

そのため、5月ごろの暖かい日に冷房の試運転を
しておきなさいよと毎年言い続けてきた。

しかし、自分はエアコンは壊れてもなんとかなるので
試運転はおろそかにしていた。

ところが今回初めて使い始めの7月に
故障がわかったのである。

しかも5年の保証が切れて一か月も経ってない最悪の
タイミングで・・・

しかも、しかも、故障内容がガス関連という
もっとも重症なのである。

室外機を分解してみたが目視では
ガス漏れ箇所は発見できない。








posted by 瀬戸流平 at 15:12| Comment(0) | 家電修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

エアコン故障


実家のエアコンがよりによって
一番繁忙期の7月前半に壊れてしまった。

しかも、ガス関連の故障なので重傷の部類。
しかも、しかも。5年の保証が切れたばかりである。

5年保証が切れてまだ一か月も経ってないので
なんとか保障修理になるよう交渉したいが
ストレスがたまる。

エアコン修理はかつては得意分野だったが
現役を離れているのでガス関連の修理をする
道具がなにひとつ手元にはない。

ゲージ 溶接機 真空ポンプ
フレア工具、測り ガス

室外機からでている2本の配管のうち
細い方が凍結している。

これは典型的なガス循環量不足の症状である。

5年間使用したエアコンのガス循環量不足の原因は2つ。

1 ガス漏れでガスが規定量より減少している。

2 冷凍サイクル内でガスが詰まり気味である。

取りあえず、手持ち道具が何もないので
メーカーに修理依頼した。

極端な事務的対応で
五日待ちである。

eakongasumore.jpg





posted by 瀬戸流平 at 18:14| Comment(0) | 家電故障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

自宅エアコン買い替え


自宅のエアコンを買い替えた。

梅雨明けには工事が混み合うので
梅雨の時期にした。

ホントは5月にしたかったのだが
ずるずると先送りしてしまった。

平地のエアコンの取り外し取り付けなら
自分で出来るのだが・・・

室外機が屋根の上に取り付けられている。
自分は60代半ばになってきているので
屋根の上の作業に自信がない。

そこで業者任せとした。
一万円くらい余分に費用がかかってしまった。

我が家には5台エアコンがあるのだが
買い替えは初めてである。

独立した長男部屋のエアコンである。

一番使用頻度が少ない部屋である。

盆と正月だけしか使わない部屋である。

不思議と使わないエアコンが壊れるものだ。

出来ることなら一番使うリビングの
エアコンと入れ替えたいくらいだ。

一番よく使うリビングのエアコンを外して
一番使わない今は誰も使ってない元子供部屋に移設する。

そして一番よく使うリビングのエアコンを新品にする。

自分出来るならそれが理想だが
屋根上作業にビビッてできなかった。

もしすべてを業者に頼むとかなり
高くつくのでそれは止めたのである。


若い据え付け業者がきたが瓦を割ってしまった。
コーキングで補修してこれで許してください
と謝ってきたがそれは許せない。

予備の新品の瓦があるのでそれに
交換させたがきちんとねじ止め固定しているかは
信用できない。

瓦は踏んではダメな場所と踏んでもいい場所が
あるのを知らないのだろう。

私は先輩に散々注意されたものだ。

あと、配管が長すぎて室外機の後ろ側に
垂直ループ仕上げにしていたのが気に入らないが
工事後に気付いたので黙認とした。


室外機の後部に垂直ループにしてあるので
この写真からはわからないと思う。


垂直ループがなぜだめかというと
ループ配管の下側に水が溜まる恐れがあるからだ。

水が溜まれば銅パイプが腐食する
腐食するとガス漏れする。

常識だと思っていた自分が甘かった。

situnaiki.jpg


aitugaiki.jpg





タグ:家電
posted by 瀬戸流平 at 18:54| Comment(0) | 家電製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

掃除機の掃除は掃除機でする。


汚れをきれいにしてくれる掃除機。

どこの家庭にでも必ず一台はあると思います。

我が家には2台あります。

壊れた掃除を捨てずにとってあります。
壊れた場所が床ブラシ部分だったので
本体自体は使えます。

普段は時々車内の掃除とか趣味の工作の掃除に
使っています。


床ブラシ部分だけ新規購入すると
4000円から 6000円くらいします。

本体の使用年数が10年以上経っているので
新しく買いました。

部屋の掃除は新しい掃除機を使用しています。

掃除機は掃除をするたびにフィルターに
ホコリが溜まっていきそれを定期的に捨てる。

ここまでは誰でもやっている手入れだと思います。

しかし、たまには床ブラシをひっくり返してみてください。
底には糸くずや、綿ボコリ、髪の毛などが絡みついてませんか?

大抵の掃除機の床ブラシは簡単に分解組み立てが
出来るようになっています。

一度分解して掃除してみてはいかがでしょうか。

私はそこで古い掃除機を使って掃除をしますが

床ブラシは取り外せるので
取り外した床ブラシを
床ブラシなしのその掃除機で掃除することができます。

なにも、2台無くても床ブラシの掃除はOKです。

ただ、本体のフィルター付近の
汚れを掃除するにはもう一台
別の掃除機が必要です。


















タグ:手入れ
posted by 瀬戸流平 at 10:14| Comment(0) | 家電製品手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする